雛形書庫

An Unmoving Arch-Archive

『ワンストップPodcast』――あなたの声を待ってます

はじめにお知らせ

親方Projectさんより新刊合同誌『ワンストップPodcast』が出ます。頒布の詳細は技術書同人誌博覧会の公式サイトより、以下の通り。

日時:2019.07.27(Sat.) 11:00-17:00

場所:大田区産業プラザPiO

サークルスペース:【E-05】親方Project

 

 
すでにいくつかの情報が公開されていて、にんげんがへたエフエムの最新エピソード、本書の表紙イラストを担当した湊川あい (@llminatoll) さんによる宣伝記事、そして頒布に先立って収録されたおやかたam特別編を聴くことができるので、本書の内容や雰囲気を知るうえで参考にされたい。

 

ningengaheta.me

 

note.mu

 

anchor.fm

 

僕は第1章の本文の一部と、付録にあるPodcastリスナー向けアンケートを寄稿した。それらは割合でいえば、100ページ以上ある本書のごく数ページに過ぎないのだけれど、ご好意で執筆陣のSlackチャンネルに加えていただき、本書が出来上がっていく様子を間近で見ることができた。上で引用した紹介ツイートにもあるように、Podcastに関する多くの知見が詰まった本になっている。これからPodcastを始めたい人に限らず、Podcastが好きな人にはぜひ手に取っていただけると良いなと思う。

 

  • はじめにお知らせ
  • 本の章立てと位置付け
  • 内容:Podcastの技術
  • 内容:Podcastへの思い
  • 執筆から得られたもの
  • おわりに

 

続きを読む

Deliberate Derivative of Essay#25 in 『月夜のサラサーテ』

マッハ」とは、音速を基準にした速さの単位であって、エッセイにもある通り、「おおよそ一秒間に三百四十メートルの速さである」。これは時速に換算すると「千二百キロほどの超高速」になる。一方、「普通の旅客機は時速九百キロ程度」であるから、この速さをマッハに直すと、900を1200で割ってマッハ0.75となる。本当?

続きを読む

尾澤愛実『現場の「ズレ」を解消するコミュニケーションメソッド』を読んだ

本書表紙には「マネージャーのための関係構築ヒント集」とあり、また冒頭の「はじめに」にも見られるように、主な対象読者はマネージャーである。今の僕はマネージャーではなくメンバーであって、その点では本書の想定する読者ではないのだけれど、それでも現場の「ズレ」については思うところがあったので読んでみた。あるいはそう遠くない将来、自分がマネージャーの立場になる可能性もゼロではないだろうから、そこでは今の自分よりももっと良い感じになっていたいと漠然と思いながら読んだ。

 

 

続きを読む

mochikoAsTech『技術をつたえるテクニック』を読んだ

はじめに

副題には「分かりやすい書き方・話し方」とあり、書き方にかんしては以前に何冊か読んでいたし、また話し方についてもプレゼン関連の本をいくつかあたっていたから、本書を急いで手に入れるということはしなかった。しかし実際に読んでみると、本書がカバーしている "分かりやすさ" は僕の持っていた意識とは少し異なっていることがわかった。

 

僕はおもにアカデミアにおける分かりやすい書き方や話し方、それらは論文執筆や学会発表のお作法であるけれど、そういったものをこれまで意識してきた。一方で本書はもっと広い意味での分かりやすさを取り扱っていて、そこには読者層を想定し、また読み手の準備をうかがう姿勢があり、そして登壇では "話し" をどうやって分かりやすくするかという視点があった。そうしたものは僕に新たな気付きを与えてくれたし、かつ分かりやすくつたえるための有効なテクニックとして、心に留めておきたいなと思わせてくれるものだった。

 

 

  • はじめに
  • 読者層の想定/読み手の準備をうかがう姿勢
  • "話し" をどうやって分かりやすくするかという視点
  • 良い聞き手であるための心がけ
  • おわりに:「知らないけど、興味はあります」

 

続きを読む

KANE『言葉のセイチョウ・ジャーニー』を読んだ

昨年秋の技術書典5から積んでいた『セイチョウ・ジャーニー』をようやく読み始めていて、そこで見つけた第4章が面白かったので、その感想というか考えたこと。書き手であるKANEさんのPodcastおしごとamでは本書とこの章を紹介している特別編があるので、さわりだけ知りたいという方にはそちらが参考になる。

 

soundcloud.com

 

続きを読む